cozy corner~藤田浩司(ふじたこうじ)のblog~移動しました! 4 nov. 2005

cozy corner~藤田浩司(ふじたこうじ)のblog~移動しました! いつもありがとうございます。 cozy corner~藤田浩司(ふじたこうじ)のblogは、下記アドレスに引っ越しましたので、今後はこちらでご閲覧頂ければ幸いです。 今後とも宜しくお願い申し上げます。 ここをクリック→http://kojifuj…
トラックバック:1
コメント:4

続きを読むread more

ブレスコントローラー買いました 3 nov. 2005

ヤマハのブレスコントローラーBC3というのに表現の可能性を見つけ、手に入れました。 私の操る楽器は打楽器とピアノ・キーボードですが、どれも直接には息が入らないので、そこいら辺にストレスを感じていたところ、これはなかなか面白そうです。 特にVL70-m(物理音源)と組ませた時に最高のパフォーマンスを発揮しそうですが、とりあえずは手持ち…
トラックバック:30
コメント:401

続きを読むread more

藤田浩司オリジナル作品  2 nov. 2005

藤田浩司ラテンバンド初ライブから4年経ち、兄弟バンドのようなロス・クンバンチェロスも立ち上がり、さてこれらラテン系バンドのために書いたオリジナル曲はいったいどれくらいになるのか挙げてみましょう。 1)El Amor o La Amistad(エル・アモール・オ・ラ・アミスタ・・友情と恋愛と)・・歌ものとして'92年頃に作ったもの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

いなこの日常 1 nov. 2005

ここのところ忙しい時には大変有難い事にcozy cornerブログの更新をお手伝いして下さる、いなこさんのブログを発見しました。 あっさり一言で終わるのがイイ感じです。 リンク→いなこの日常・・・音楽系専門学校生いなこが綴る、日々雑記です! 藤田浩司DrumStudio LA FIESTA
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ラテンドラマー(トラップドラマー)の要件 31 oct. 2005

Latin Drummer(Trap Drummer)は、 Clave(クラーベ)、Cascara(カスカラ)、Campana(カンパーナ)、Contra Campana(コントラ・カンパーナ)、Bombo(ボンボ)の各リズムを、Rock(ロック)やその他のビートと絡めて操る。 Tumbadora(コンガ)が織りなすリズムへ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スティック(ばち)の選択・後編 30 oct. 2005

スティック(ばち)の選択・後編 30 oct. 2005 前編に続いて今回はスティックの形状による音の違いを。 形状の違いによるスティック選びのポイントは主に4つあります。 1.長さ。常識的な範囲では、長いものほどパワーが出ます。が、長いと同時に取り回しづらくなり、繊細さには欠けてきます。 2.太さ。直径の太いものは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヤマハ製メイプルのスネアドラム買いました 29 oct. 2005

これでヤマハ製メイプルのスネアドラムは三台目です。 改造ピッコロ君は重量が軽くなった分、非常に軽やかな音がするのですが、最近その軽やかさが耳につき、またヌーヴォーラグというのを試してみたくなった事もあり、注文してしまいました。 ラグに着目したので自動的にプライ数の少ない方を。これまた初めて。 こちら受注生産で2ヶ月かかるそうです。…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

手作り打楽器を使って 28 oct. 2005

手作り打楽器の、最も簡単・らくちんで、しかも聴き映えがして楽しいもの、それは殆ど加工を施さずに、空き缶等の素材を並べ立てて作る「ドラムキット」だろう。 工夫して、大きめ、柔らかめの材質のものではバスドラムの音を作り、薄い金属質のものではシンバルの音を作るのである。スネアドラム用にも甲高い、キレのある音が出る材質が似合う。トムには同じ材…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スティック(ばち)の選択・前編 27 oct. 2005

ドラム演奏に欠かすことの出来ない、スティックの選択肢はあまりにも広く、Myスティックの選択に迷っている方も多い事でしょう。 代表的な材質だけ取りだしてみても 1.ヒッコリー・・・北米産胡桃(クルミ)。最も一般的な材質。木に粘りがあり、重さもある。 2.メイプル・・・楓(カエデ)。軽く華やかな音がする。 3.オーク・・・樫(カ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

藤田浩司 Los Cumbancheros in Rubber Cat 26 oct. 2005

ロスクンバンチェロス、東中野ラバーキャットでの初ライブへ、たくさんの皆様にお越し頂きましてどうもありがとうございました。 こちらで興味深いのは、大掛かりなライブやレコーディングで時折見かけるアクリル遮蔽版が常設されている事でしょうか。 これにより会場へと流れるドラムの直接音がコントロールし易くなります。また、マイクへのカブリが大幅に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ノリについて講義してきました 24 oct.2005

ピアノの先生方の勉強会でノリについての講義を頼まれていたので、本日行って参りました。 ラテンキューバン音楽を中心に据えて話し始めましたが、ブラジルやアルゼンチン、スペイン、アフリカ、アメリカ合衆国と色々な国の音楽事情について皆さんの興味が広がっていき、話をするほうとしても楽しい会でした。 ラテン音楽というと、いわゆるラテン人の持つリ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マイクの位置(Drums録音) 23 oct. 2005

レコーディングする時のマイクの位置により、録音される音の質は相当変わってきます。 今回ドラムセットのマルチマイク録音ですが、8本のマイクでまとめてみる事にしました。 以前はシンバル1枚々々まで16本のマイクを立てて個別に拾っていましたが、気持ちの良い定位を作ることが難しかったので、今回は思いきって8本に抑えたものです。 二本の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

藤田浩司Los Cumbancheros Live in Coltrane 22 oct.2005

ロスクンバンチェロスとしては、千葉市初進出となった今回のライブ、私がジャズバンドでドラムを叩いていた頃より約10年ぶりでお見えになった方々、久々に来たよ~という面々、また初めてのお客さんに囲まれて感激ひとしおでした。 ロスクンバンチェロス、次回のライブは今月26日東中野RubberCat、12月10日一宮町大神家、12月16日成東町文…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

藤田浩司Los Cumbanchros ライブinコルトレーン 21 oct. 2005

明日ロスクンバンチェロスのライブが千葉市稲毛区のライブハウス、コルトレーンであります。 バンドとして約一ヵ月半ぶりのライブで、各メンバー気合が入ってます。 私もレコーディング期間明け、ライブ演奏で新鮮な気持ちになれそうです。 例によりツインラテンドラム+コンガです! ロスクンバンチェロス、千葉市は今回初進出です。 お時…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マイクの位置(Conga録音) 20 oct. 2005

レコーディングする時のマイクの位置により、録音される音の質は相当変わってきます。 今回コンガ三本のステレオ録音ですが、定番の左右クロスとか、確かジョバンニ・イダルゴの古いビデオでやっていたような、楽器の外側に二本置くやり方とか、その他、高さを変えたり、垂直に録ったり、マイクを寝かせ気味に打面を狙ってみたりと色々と試してみました。 …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ブラジル在住ボサノバ歌手、青木カナさんがリンク!! 19 oct.2005

ブラジル在住ボサノバ歌手、青木カナさんが私についての記事を書いて下さいました。 カナさんはTVで放映されたマスターカードのCMなども歌っている、知る人ぞ知る実力派のボサノバ歌手です。とても温かみのあるボーカルだと思いました。私は彼女のCDを聴いて癒されました。そ のCDは、これがまた本当に色々なタイプのブラジル音楽が詰まって…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

そろそろ温泉か・・・  18 oct. 2005

先週、今週とひたすらレコーディングに時間を費やしているわけですが、今回も機材関係のトラブルが絶えず中々思うようにははかどりません・・・。新しい機材やソフトを導入する度に直接プレイとは関係のない問題で時間をくい、新機材をやたらに入れていくのもどうかな、ってところでしょうか。 要するに良い音でスルスルサクサクと入ってくれればよいのですが。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

MackieとMOTUのマイクプリ比較  17 oct 2005

MOTU896HDのマイクプリをダイレクトに使った場合と、Mackieミキサーのマイクプリを使った場合でドラムの音がどう変わるか、録り比べてみました。 MOTUの方が周波数の帯域が上下に広くなるようです。より生々しい感じ。 対するMackieはまとまりが良い感じです。 しかし打楽器類の録り音は、マイクプリで随分と違ってきま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

pro tools LEの音 16 oct 2005

ある人から、pro tools LEでライブ録音した音源を、思いがけず頂く機会に恵まれました。 さっそく聴いてみたところ、噂にたがわず濃密な音でレコーディングされていました。 pro toolsとの互換性を考えると、この選択もアリかなぁと思いました。 pro tools LEも良いけれど、個人的にはようやくcakewalk SON…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

DX7は使える! 15 oct. 2005

今回のレコーディング曲の中に、どーしてもエレピのキレが欲しい曲もあって、DX7(正確には音源のTX7)を久々に使ってみました。 ヌケ、キレとも申し分ありません。 ただ、演奏するのにヤマハのピアノ鍵盤を使うとしっくりとくるのに比べ、ローランドのシンセ鍵盤だと全く音がそろわなくて気持ち悪い感じでした。 いざやってみると、鍵盤のタイ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more